now loading
アドバイザー紹介 池見 真奈実

ランドセルは
人生初の最高の贈りもの。
「このランドセルで良かった!」
心からそう思って
もらえることを願って。

販売部 博多駅地下街店所属

池見 真奈実

MANAMI IKEMI

ランドセル選びで大切にしていることは?

もっとも大切にしていることは、お子さんの体に負担のないものを選んでいただくことです。お子さんによって体型は異なりますし、学校までの距離もさまざまですので、まずは実際に背負ってもらって、店内を歩き回っていただきます。
これから成長される大切な時期でもありますから、無理のない重量という点に最大限留意しながらご提案するようにしています。
また、できるだけお子さんの希望に近いものを選んでいただきたいな、という思いもありますね。「自分が選んだ」という気持ちがあれば、きっと6年間大切にされると思いますし、記憶に残るのではないでしょうか。

池見1

仕事のやりがいは?

やはり、ランドセルをご購入いただき、お子さんやご両親、祖父母様などに「ありがとう」と言っていただく時が一番嬉しいですね。先日は、ランドセル選びにとても悩んだお客様がいらっしゃいました。
時間をかけて説明したところ、購入を決めてくださったのですが、お母さまの方がすごく喜んでくださって、帰り際に握手を求められたんですよ。とっても感激しました。
私もそうですが大隈カバン店の社員には「本当に良いランドセルを販売している」という自負があります。だから自信を持って仕事ができますし、やりがいにもつながっていると思います。

池見2

あなたにとってランドセルとは?

ランドセルは、人生の中で最初に贈られる最高のプレゼント。
私の場合は、淡いピンクのとても可愛いランドセルでした。「どうしてもこのピンクのが欲しい」。そう思って自分で選んだものです。
当時はまだ色のバリエーションが少なくて、周囲の女の子はみんな赤。「どうしてピンクなの?」と聞かれるたびに「好きな色だから!」と自慢気に答えていました。
本当に大好きだったピンクのランドセル。今でも素敵な思い出として心に残っています。

池見3

おすすめランドセル

池見のおすすめランドセル
ラブラブハート刺しゅうとアクセサリー

チャーミー❤ハート

私のイチ押しは牛革製のチェリーピンクのランドセルです。
限りなく赤に近い色でかぶせのハートの鋲(ビョウ)、銅ベルトのハート刺繍がさりげなくラブリー!
開けると内装はさらにキュート!
素材も牛革で上質感がありますし、きっとご両親にも納得していただけると思います。

ランドセルページ
このページの先頭へ